弊社顧問の堀江重郎が「LOH症候群」について解説した記事がマネー現代に掲載されました

「LOH症候群」という病気 −30代を過ぎた男性に襲い掛かる「男性更年期障害」のことで、体内でテストステロンというホルモンが減少することで、深刻な不調がもたらされます。ある意味コロナよりも「身近で恐ろしい」この病気について、新刊『LOH症候群』から紹介されました。

▶︎ 記事はこちらから

30歳を超えた男性の「深刻すぎる不調」、実は「病気」かもしれない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。